勇気りんりん

4歳と1歳のムスメに育てられてる日々のあんなやこんなを   ダラダラゆる~い感じで綴りたいと思います。

昨日の続き

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-)|
  • コメント(-)|
 

2008年02月 19日 (火)

 昨日の続き

私は本当に学校が嫌いだった。
友達と会うこと以外には楽しいことなんて何もなかった。
ちょっと何となく「意義」みたいなものを感じたのは
高3になってから。
どこでどう間違ったのか、新聞委員会の委員長に選ばれて
元々書くことは嫌いじゃなかったので
毎号コラムを書いて、それが紙面になるのは嬉しかったかも。
でもそれ以外は、とにかく卒業できればいいやって感じで
夢も希望もなかった。(ような気がする)
そんな感じで、とりあえず社会には出るんだけど
高校時代に想像してたより、そんな風に思いながら貰った卒業証書でも
社会に出ると結構ないと困ることが多いのね。
どうしてそんなに学歴が大事なのか分からないんだけど・・・
テレビ局だって、募集の要項には必ず「大卒」って書いてある。
すごい大学出てるアナウンサーだって、見てると「大卒ですよね?」って
言いたくなる人いっぱいいるけど。
どんな理由で「大卒じゃないとダメ」なのか・・・全く分からないけど
でも、こと就職しようということになると「学歴」の話なしでは通れないわけで
となると理由は分からないけど、とりあえず高校は出ておかないと、と
いうことになるんだけど、そうじゃなくてもね、私は高校は卒業して良かったと
思っています。高校時代に将来の夢とか希望とか持てて
それに向かって進んでいけたら、それは素晴らしいけど
もしも高校に行く意味が分からなくても、そこから先に夢がなくても
「高校に通い続けること」が大事だと思う。
「高校に通い続けること」に意味があるんだと思う。

友達と会うことだけが楽しかった。

これだけでも、これって結構価値のあることだと思う。

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
 

トラックバック

右サイドメニュー

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。