勇気りんりん

4歳と1歳のムスメに育てられてる日々のあんなやこんなを   ダラダラゆる~い感じで綴りたいと思います。

朗報

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-)|
  • コメント(-)|
 

2008年02月 18日 (月)

 朗報

友達の娘さんが高校に合格したという電話をもらいました。
私よりも遥かに早く結婚したとはいえ・・・もう高校生なんだ、と
ちょっとドッキリ。
久々に嬉しい明るいニュースでした!!

私は高校が、あんまり好きじゃなかった。
何か他にやることがあるんじゃないか
今しか出来ないことがあるんじゃないか、って何度も思った。
でも高校を中退してた元カレに
「辞めて苦労してる俺を見てきたオマエがそんなこと言うな」って
諭されて、中退することだけはしなかったけど
でも「高校へ行く意味」は卒業しても分からなかった。

結婚してすぐ、高校の事務職の仕事をすることになり
久々に「学校」へ通う毎日。
毎日通う学校の空気は、とても心地よかった。
自分が生徒で通っている時には気付かなかった
「空気」がそこにはありました。

私が高校生の時、必死で探していた「今しか出来ないこと」は
「高校へ通うこと」でした。
社会に出てからだって学校に通うことは出来るけど
それを実現するには、すごいエネルギーが必要。
高校へ行くべき年齢に高校に行けることは、とても幸せなことなのだと
思いました。
クラスメイト、勉強、テスト、部活、恋・・・
校則を守る、ということでさえ、それは「高校でしか出来ないこと」だった。
無駄だと思っていたことに、無駄だったことはひとつもなかった。

退任の挨拶の時「久しぶりに来てみて、学校っていいなぁ、と思いました」と
話しました。聞いていた生徒に私の思いが伝わったかどうかは分からないけど
もしもムスメ達が学校生活をするようになって
何かに迷ったり、悩んだりした時には、また話してあげようと思っています。


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
 

トラックバック

右サイドメニュー

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。